投資のルールとは何か

為替市場には通常あるべき場所なく、価値が大きく異なっている銘柄があります。本来はそれほど価値のない銘柄が高値であれば、たくさん購入すると急激に値下がりして損をする可能性があります。
反対に価値のある銘柄が多くの人に注目されていない銘柄は、購入時の費用が安いですが、値上がりしさえすれば大きな利益を生みます。投資は自分でルールを作ることで、このような銘柄を見分けて黒字を出すことが重要です。

まず自分で全て調べます。インターネットで言われている噂や予想、人から聞いた情報は正しくない可能性があります。またこれらの情報は既に多くの人に知られているため、将来的に大きく値上がりすることがありません。
個人投資家は調べても結果が出ないこともありますが、日常生活で疑問に感じたことを調べる習慣が身につくと専門家に引けを取らないほどの知識が集まります。

新聞やニュースで生じた疑問をインターネットで調べる時は、その根拠まで見つけることができれば信ぴょう性が高いと判断できます。次に具体的な数字を考えることです。業績が上がることを予想するのは、大まかな数字しか考えられていない状況です。
投資では売りと買いのボーダーラインが数字で判断されるため、数字を当てはめる必要があります。数字は「上がる」や「下がる」といった2択ではないため、より多くの情報を入手しなければなりません。自分が調べたことを元に具体的な数字を分析します。そして損切りのルールです。どんなに頭脳明晰でも予想が外れることがあります。投資では保有する銘柄が再び値上がると考えたくなりますが、どの価格まで下がったら売りを決定するかは銘柄を選ぶ前に共通して設定しなければなりません。